ブログ

ブログ

乳がんで亡くなる女性は、年間約13,000人

2014年には13,240人になり、私の生まれた1985年の4,922人比べて約2.7倍にもなっています。

生きてる上で乳がんになる確率はどのくらあるか知っていますか?

日本人女性は、現在、12人に1人です。

このブログを見かけた人の中にも12分の1の確率で発症することがあるんです。

乳がんは 20代後半から増えはじめ、40代後半から50代前半にピークを迎えます。
若いから安心というわけではなく、若い年齢で乳がんを発症する人も少なくないんですよ。

ただ、知っていただきたいのが、

「乳がんは早期発見すれば、治る確率が高い病気です。」

最近では、北斗晶さんが乳がんを発症したというニュースも記憶に新しいですよね。

メディアに大きく取り上げられることで、乳がん早期検診の大切さが世の中に浸透したものの、
世界的にみれば、乳がん検診率は非常に低く、年々死亡率が増加傾向にあります。

乳がんは早期発見することにより、適切な治療をうけることで治癒率も高くなります。

早期検診受けてくださいね。

f5d49257

__

一般社団法人メディワーククリエイトでは、2016年5月29日(日)に福岡市東区馬出の乳腺専門 黒木クリニックと、養生カフェことほぎで乳がん早期発見啓発、医療職体験イベントを行います。

「マンモグラフィーは被ばくするの?」「エコーとの違いは?」「妊婦でも大丈夫?」

など気になる正しい情報も聞けますよ。

チラシは現在制作中です。もしばらくお待ちください(^^)/

詳しくはお知らせのコチラをご覧ください。