ブログ

ブログ

乳腺専門 黒木クリニック 黒木院長のインタビューです。

008-thumb-225x263-2110

―九大の講師を辞めた理由を教えてください。

乳がんの治療は長期にわたるので、術後の補助療法や再発の治療も含めて気長に診ていくことになります。そうすると診る患者さんの数がどんどん増えて、九大で週に2日だけでは診れなくなくなりました。地域に乳がん専門のクリニックがあれば、そちらにお願いできるのですが、そんな専門医はいませんでしたから、私が九大病院の近くに新しいタイプの乳腺専門クリニックを作ったのです。現在は月曜から土曜まで外来診療ができます。完全予約制にして待ち時間を短くし、患者さんの負担を少なくするようにしています。

―なぜ黒木先生が?

この20数年で乳がんの治療は様変わりしました。以前は乳がんの診断がついたら、乳房と大小胸筋とリンパ節を全部取って終わりでした。現在では乳がん患者さんの約7割は乳房温存手術で、乳房切除が必要な場合でも術前から乳房再建を考慮します。センチネルリンパ節生検が標準的治療になり、患者さんの約8割は腋下リンパ節郭清をしないで済むようになりました。薬物療法も大きく変わり、乳がんのサブタイプ別に治療戦略を立てることで、患者さんごとの個別化治療が一般的となりました。新規抗癌剤や分子標的治療薬、アロマターゼ阻害剤などの登場により、治療の選択肢がどんどん増えています。

この変化に地域のかかりつけ医が対応するには、高度な知識と経験が必要です。しかし乳腺専門医の数はまだ少なく、九州内では福岡県を除けば各県に数人ずつしかいない状況です。当院のように乳腺専門で診断と治療ができるクリニックは、関西や東京にはかなりありますが、福岡にはほとんどないんですよ。最近は私の教え子だった先生達が活躍し始めて、非常に頼もしく思っています。

こまめな検診で乳がんを早期発見し早期治療するのが鉄則です。どんなにたちの悪い乳がんでも超早期に見つければ確実に治せるのですから。

009.jpg

―手術はどこの病院でされているんですか?

当院には入院・手術設備がありませんので、開放型病院に紹介して入院していただき、私が手術しています。乳腺専門の平尾の及川病院で手術することが多いですが、他にも患者さんのご希望により九大病院、原三信病院、浜の町病院、千早病院、木村病院などでも手術しています。

―いろんな人が来られるでしょう?

一般検診で来られる方、しこりに気がついて飛び込んでこられる方、他施設で告知を受けられた方、再発・転移治療のセカンド・オピニオンなど様々です。大事なのは患者さんと向き合って話すことだと考えていまので、電子カルテへの入力は医療秘書が行ない、私は常に患者さんと対面するようにしています。乳がんの告知の後は、乳がん認定看護師はもちろん他のスタッフにもフォローしてもらっています。患者さんの心理については、九州がんセンターの大島先生たちとサイコ・オンコロジー研究会を作っています。ロール・プレイで私が患者役になってがんの告知を受けると、かなりショックを受けます。

―患者会の活動を応援されていますね。

あけぼの会からの依頼で、北九州市立医療センター院長の光山昌珠先生と社会保険久留米第一病院院長の田中真紀先生と私が顧問医になっています。医師1人に出来ることは限られているので、患者会のようなピア・サポート活動は重要です。乳がんは患者さんごとに治療方針が違うので、あけぼの会のようにしっかり勉強することが必要でしょうね。ただ集まって自分のことを話すだけでは混乱を生じかねません。

―気分転換の趣味は?

医者が落ち込むわけにはいかないのでいつも明るくしています。ストレス解消といえば、妻と2人でドライブがてら、日帰りで温泉に行きます。よく行くのは若宮の脇田温泉ですね。糸島には弘法大師ゆかりのまむし温泉がありますし、あとは嬉野や湯布院、九重あたりとか。いつも動いていないと落ちつかない性格なので、温泉に浸かって何もできないのはいいですね。

引用:九州医事新報 2013年1月号

 

_____

 

__

一般社団法人メディワーククリエイトでは、2016年5月29日(日)に福岡市東区馬出の乳腺専門 黒木クリニックと、養生カフェことほぎで乳がん早期発見啓発、医療職体験イベントを行います。

「マンモグラフィーは被ばくするの?」「エコーとの違いは?」「妊婦でも大丈夫?」

など気になる正しい情報も聞けますよ。

チラシは現在制作中です。もしばらくお待ちください(^^)/

詳しくはお知らせのコチラをご覧ください。